まとめて制作してもらう

腕章が必要な場合は、通販で市販のものを購入するという手段が選ばれそうですが、オリジナル性を求めている場合は専門の会社に作ってもらう方が手軽であり、希望の条件を満たすことができます。大口注文にも対応しているところは多く、その分お得になる場合もあります。

どのような腕章を選ぶべき?

屋外の作業であれば撥水タイプが安心

腕章にはビニールタイプや布製などがあり、加工によっては水を弾いてくれるものがあります。雨や水を用いる現場となれば、これらの素材が適しているでしょう。水の浸透による劣化を防ぐこともできるので、長く使用する場合に選んでおきたい素材です。

高級感のある刺繍を施す

腕章を身につける場面によっては、おしゃれさも欲しいこともあります。布製であり、糸で刺繍を施した腕章もあります。もちろん、刺繍のデザインや色を指定することも可能なので、理想のイメージに合わせられます。

クリップタイプで服に穴を開けない

腕章の装着方法は主にクリップか安全ピンです。しかし、安全ピンなど針を用いたタイプであると服に穴を開けてしまいます。毎日のように使用する腕章であればクリップが使いやすいでしょう。また、透明のタイプもあるので、見栄えにこだわりたいという場合にもぴったりです。

低コストの素材や部品で気軽に購入

短期間しか使用しない腕章であれば、安い素材や部品を指定するという選択もあります。特にビニールや安全ピンで留めるタイプは他の素材や部品と比べて安くなります。なお、布製であっても種類によってコストに変動があるため、制作会社のホームページを参考に比較をしながら選ぶと良いでしょう。

腕章のタイプを上手く使い分けるためにチェックしておきたいサービス

印刷機

短納期にも対応している

大会の実績や、イベントの宣伝をしたいときに垂幕は役立ちます。一刻も早く展示したいという場合は、制作のペースが早い業者を選んでおきたいところでしょう。中には短納期に対応しているところがあります。2日程で納品してもらえる場合もあり、利用がしやすいサービスといえるでしょう。

格安のプランも活用してみる

制作してくれる会社によりますが、切りっぱなしの布への印刷のみであると格安で注文できる場合もあります。垂幕づくりに特にこだわらず、簡易的に用意したいときに役立ち、コストが抑えられるというメリットを持っています。

業者ごとの相場をチェック

垂幕や横断幕を激安で注文するためにも、業者ごとの相場を比較しておくことが大切です。ホームページの価格表の他、見積もりを通してチェックができます。見積もりに関しては無料で対応してくれる場合がほとんどなので、疑問点を解消しながら情報が得られます。

テレビコマーシャルの価格は安い

[PR]
商品パンフレットの制作依頼
豊富な経験のプロ対応

理想のイメージに近いか知っておく

横断幕を激安で注文できても、仕上がりが思うようなものでなければ勿体ありません。先ずは制作事例を確認しておきたいところです。また、入稿したデータと完成品を照らし合わせて紹介をしている会社もあるため、入稿データを準備するうえで注意したいことも把握できます。

[PR]
腕章作成の専門店をリサーチ
リーズナブルな価格で対応してくれる

広告募集中

DM用のハガキを作ってもらおう