小林製薬のグルコサミンで膝の痛みを改善しよう

woman

イソフラボンの効果と適量

更年期の女性のポイント

手

冷え性は男性よりも女性に多いことから、女性の特徴に合わせた対策をすると効果的です。そうした点で更年期の女性は、冷え性を患うことが、それまでよりも増加する傾向があります。女性が更年期になると、それまで活発に分泌されていたエストロゲンの分泌量が、急に減少します。すなわち更年期の女性の冷え性は、エストロゲンの補充に着目することがポイントです。エストロゲンは薬剤から補充することもできますが、似た作用をするものを大豆から摂取できます。これは大豆に含まれるイソフラボンという成分が、エストロゲンと似た作用をするためです。よって今後は更年期の女性の冷え性に、大豆食品によるイソフラボンの摂取が増加する見込みです。

イソフラボンの含有量

ただし大豆というのは、いろいろな食品に利用されています。そのため気付かないうちに、過剰摂取になっていることも珍しくありません。過剰摂取になると、ホルモンの均衡が崩れて、冷え性が悪化することすらあり得ます。そこで厚生労働省は、70mg程度までが、大豆に含まれるイソフラボンの1日の適量としています。しかし70mgという量は、意識していないと簡単にオーバーしてしまう数値です。例えば大豆で作られることで有名な納豆には、1パックにイソフラボンが65mgも含まれます。また味噌汁1杯のなかには、6mgのイソフラボンが含まれています。すなわち朝食に味噌汁と納豆を食べただけで、イソフラボンの1日の適量を超える量です。こうしたことから冷え性の更年期の女性に、イソフラボンの含有量を記した本が人気になっています。

Copyright©2015 小林製薬のグルコサミンで膝の痛みを改善しよう All Rights Reserved.