DMやハガキで効率よく宣伝する~集客効果を高めるコツ~

制作から発送までサポート

宣伝手法として用いられるDMやハガキですが、制作して発送を行なうとなると、かなりの手間が掛かってしまいます。これらの問題を解決するために専門の会社へ委託しておくことが重要になってくるでしょう。

どのようなサービスがあると便利?

発送費用が高いという問題を解決してくれるか

DMやハガキを用いて宣伝する場合に直面する問題といったら費用です。また、利用する配送業者によって変動はあるため、見積もりを通して把握しておきたいところです。コスト削減に成功すればこれからの宣伝が円滑になるでしょう。

追跡作業をしてもらう

DMやハガキを発送したけれど、宛先にきちんと届いているのか気になるところです。未着率が高いほどコストのロスが発生するので、宛先の見直しのためにも追跡サービスを活用すると良いでしょう。また、リアルタイムでチェックが可能なので、宣伝効果はどれくらいなのか調査したいときに参考になります。

分けて発送してもらう

顧客にまとめてDMやハガキを送った場合、商品の購入や問い合わせが一気にくるという可能性があります。人員人数の関係により受付が間に合わない状況になれば、顧客からの信頼を下げてしまう恐れがあります。発送業者によってはそのような事態を想定して、分割発送してくれるところもあるので、1日あたりの受付の頻度を均等にすることができます。

顧客に合わせた情報を取り入れてもらう

利用する年齢層が広いサービスであれば、全て同じ情報であっても興味を示してくれる層に偏りが発生することもあります。そのような場合は利用層に応じたDMやハガキの制作が肝心になります。それにより、高い成果が期待できるでしょう。

対応実績についてチェック

顧客の情報を預けることになるため、自社の信頼のためにも安心して利用ができるDM制作発送会社であることが前提です。先ずはホームページなどでこれまでの取引実績や利用者による声を参考にしておくことが大事でしょう。利用イメージも分かるため、とても参考になる情報が得られるかもしれません。

DMやハガキで効率よく宣伝する~集客効果を高めるコツ~

ハガキ

未着だったときのデータをまとめてもらう

ダイレクトメールの発送コスト削減には、利用ができない住所を洗い出すことです。発送業者では返還されたダイレクトメールの住所をまとめてデータ化してくれます。それらの住所を次回の発送の対象にしないことで、制作に掛かるコストを抑え、他の顧客への宣伝にコストを充てていくことができます。

発送だけの場合は集荷を利用すると便利

自社でダイレクトメールを制作し、発送は専門の業者に委託しておくという方法もあります。なお、店舗に持っていくのは負担になります。そのようなときに便利なのが集荷サービスです。集荷した当日に発送対応してくれる迅速な業者もあり、発送に掛かる様々な負担をなくし、宣伝もスムーズにいきます。

サイズによって料金は変わる

ダイレクトメールを発送してもらうにあたって確認したいことは、サイズごとの料金です。なお、まとめての依頼であれば1件あたりの料金を抑えることも可能です。発送業者のホームページに掲載されているため、地域や頻度を元に比較をしておくと利用しやすいところに絞れるでしょう。

利用した人による声を紹介

ただ配送するだけでない

ダイレクトメールで宣伝をよくするのですが、きちんと届いているのか心配でした。この間利用したポスティングサービスでは追跡をしてくれ、届けられなかった住所を通知してくれました。顧客情報の整理ができてとても便利だと思います。

利用会社を見直してお得になった

度々ポスティングを委託していたのですが、コストが気になって発送件数を落とそうか悩んでいたところでした。他の業者を探していたところ、ぐんと安くしてくれる会社を発見。コストダウンもでき、宣伝の範囲を狭めることがなく安心です。

広告募集中