お店のアピールにもなる手提げ袋を制作してもらう

個性のあるおしゃれなデザインにする

多くの手提げ袋が必要である場合、希望のデザインや素材に合わせて制作をしてくれる業者へ注文する必要があります。なお、商品の梱包などお店で配布する手提げ袋である場合は、そのお店のイメージが伝わりやすいものを選んでおくことが重要です。おしゃれで、持ちやすいものであるとお客さんからのイメージアップに繋げることができるでしょう。

手提げ袋の素材にはどんなタイプがある?

服を入れるときに便利な不織布

手提げ袋で用いられる素材といったら不織布が挙げられます。強度があり、おしゃれなイメージにこだわりたいという場合にぴったりです。長持ちしやすいというメリットもあるので、顧客に長く使用してもらいたい、ブランドを第三者に宣伝してもらいたいときにも選ばれています。

低コストでしっかりした紙袋

紙袋であれば不織布と比べてコスト削減ができるうえ、しっかりとした素材であるため、手提げ袋の中でも好まれている素材です。環境に優しいというメリットも持っており、かなり多くの業界で普及している手提げ袋のタイプです。

お店のアピールにもなる手提げ袋を制作してもらう

紙袋

ネットから注文ができる

手提げ袋を消費するペースが早いという場合は、追加の注文がしやすいところを見つけておくことが大切です。中にはネットからの注文に対応している業者もあるため、手配がしやすく在庫切れという困った状況を回避できます。なお、制作拠点による配送コストも考え、利用するところを比較しておくことも必要です。

実績が豊富であると安心

大量に紙袋を制作してもらうけれど、品質は納得のいくものであるか不安でしょう。製作会社によって実績は異なります。制作事例や実績件数を元にしながら安心して利用ができるところを見つけておきたいところです。且つ激安であると、紙袋制作に関するあらゆる問題を解決できます。

商品に合わせてサイズをオーダー

ワイン用の紙袋など、その商品の形やサイズに特化したものが必要である場合は、オーダーに対応しているところを見つけておくとスムーズです。なお、オーダーのプランによっては決められた枚数以上の注文が必要な場合もあるため、事前の確認が必要です。

デザインを参考にしてみる

紙袋は重要な宣伝ツールであるため、先ずはデザインについて慎重に考えておきたいところです。通販によっては制作例や実績を紹介しています。サービス内容に応じて紹介をしているので、宣伝したいサービスにあったデザインについて考え、案を練っていくことができます。

注文するまでの流れを紹介

見積もりを依頼する

ネットから手提げ袋を注文する場合は、専用のフォームを通して見積もり依頼をしておく必要があります。素材や大きさ、注文数などを指定することにより、それに応じた費用を算出してくれます。

見積もり結果をチェック

専用フォームで知らせた情報に応じて、専門の業者が費用の算出を行ないます。予算に見合った手提げ袋の注文をするためにも、これらの結果のチェックは重要です。担当スタッフとのやり取りを通してプランを固めていきます。

デザインを決める

手提げ袋のデザインに関しては、Photoshopなどのデータに収めて提出します。なお、制作会社によってはデザインも代わりに行なってくれるところもあります。そうなると制作実績も重視しておく必要があります。

制作前の最終確認を実施

製造したあとに手提げ袋のデザインや素材、作りに関して不備が見られないように、事前に確認を進めていきます。サンプルを作成するため、それを元に希望のデザインやプランに見合ったものなのかを把握していくことができるでしょう。

製造が完了したら納品

手提げ袋が完成したら早速納品です。なお、最初の見積もりから納品までの期間は半月程といわれています。なお、業者によっては短納期で対応してくれるところもあります。別途費用が発生することがありますが、すぐにでも必要という場合に役立つサービスでしょう。

広告募集中